ドラゴンズファン十年生

●野球に無縁→パートナーの影響でいつの間にかドラゴンズファンへ…東京からドラゴンズな日々を綴ります

初回は理想的、最終回は満塁だったとは…

今さらだけど日曜のこと。

 

土日は園や習い事が詰まっておりリアルタイムで見ることが出来なかったのだが…

今日、広島との3戦目を見て。これをリアルタイム見ていたらしんどかったかもしれない…と思った。夫には「結果を分かっているものを何故見るんだ、しかもこんなイライラしそうなやつ」と言われたが… 長年のドラゴンズファンである夫は回避したほうが良い試合を心得ている。

 

初回は大島が打って加藤がバントして周平が返して。この立ちあがりにもっと点が入ってればなぁ…と終われば何とでも言える。

勝野は、打たれつつも1点で抑えたのにまた援護なし。

とはいえ、シーズン序盤は打たれて失点しながらもヘナヘナで勝ち投手の権利を得ていたのだから。「勝ち負けはコントロール出来ない」とは吉見の言葉で、勝野もそれを語っていたけれど。その通りなのよね、と改めて思った。でも、結局この結果は厳しい。

 

又吉がやけに反省していたのが気になっていたけど、満塁のピンチを迎えていたとはね。サヨナラ負けを喫するところだったわけで。いつも、反省しすぎの又吉だけど、日曜はそりゃ、反省もさもありなん…という感じではあった。でもさ、いつも又吉に救われている時の方が多いのだから。

持ちつ持たれつの。

その、タイミングがかみ合う時は一体いつのなのか?とそればっかりを待っている。

 

長野の巨人時代にサヨナラを打たれているとあったが、2014年の7月の話だった。

[プロ野球]中日・又吉克樹「9勝よりも1敗の悔しさを糧に」(スポーツコミュニケーションズ) | 現代ビジネス | 講談社(2/6)

 

この頃は、丁度引っ越しした頃でブログを書いていなかったな…

dramama.hatenablog.com

 

翌年、ヘロヘロだった又吉が今こんな風に活躍しているならね。

「試合の中でしか培えないもの」を、この時又吉に捧げて良かったと思える。

投球術とか語ることはいまだに出来ないけれども、こうしてずっと見ていると、感極まるね。こんなにくさしてたくせに(信じながらもね)、よく言う。

dramama.hatenablog.com

 

 

今日は、神宮で横浜と。

大野、ピリッとやってくれよ。京田も上がって来たなら使うんだろうね。頼むよー。