ドラゴンズファン十年生

●野球に無縁→パートナーの影響でいつの間にかドラゴンズファンへ…東京からドラゴンズな日々を綴ります

開幕戦。

4-2    負け 対ジャイアンツ

 

六時までにお風呂に入り夕食の準備を済ませてプレイボールを見守る。試合を最初から最後まで、落ち着いてリアルタイムで見るのは難しいけど、この日だけは。

 

***

9回のを投げた巨人の大勢。

「さすがに、ルーキーが初登板で初セーブとか、そうそう上手くはいかないでしょ!」と、言いつつもヒヤヒヤしながら見守る。

 

平田の初球に一瞬興奮するもファール。その後三振。初セーブ…させないさせない…と念じる。岡林がヒット三本目で猛打賞。さすがの大島が続いてくれる。ビシエドのホームランを期待せずにはいられない。と、思いきやデッドボール。

 

ツーアウト満塁で打席には溝脇。

 

代打?根尾?加藤?

"持っていそう"な2人が思い浮かぶ。あ、石垣もいるじゃん。

がそのまま溝脇。力無い当たりはゲッツーで「あーーーー」。

一塁間に合った。

 

キノタク頼む!オープン戦の満塁ホームランよ再び。

結果はボテボテの当たり。ヘッドスライディング。気持ちは想像つく。でも、最初っから飛ばし過ぎてケガされたら困るよ。

 

***

 

負けたけど、ベンチの選手をどんどん使っていく采配は希望が感じられた。一軍にいるからには試合に出て欲しいし使ってほしい。戦う姿勢が見えたら使う。、結果を出したら入れ替えする。明確な基準があるのは見ている方もスッキリする。

初球から振っていく鵜飼。もっと見たい。戦う姿勢。

 

大勢のお母さんって、大島のファンだと。

はー、やられたけどこういうの見るとちょっと親しみがわいてしまうわ。

【巨人】大勢の母・いずみさん、実は竜党「大島さんがすごく好きなんです」…息子は安打許すも初セーブ喜ぶ(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

すぐに次がある。

今日はリアタイ出来ないけれど、楽しみが後ろに延びたと思えばいいか。

 

今日は勝野。がんばって!