ドラゴンズファン九年生

●野球に無縁→パートナーの影響でいつの間にかドラゴンズファンへ…東京からドラゴンズな日々を綴ります

サヨナラ勝ち?

ドラゴンズは今シーズンまだサヨナラ勝ちがない。セ・リーグではドラゴンズだけだ。

パ・リーグでは楽天がまだ、とある。

 

先発は先週2年ぶりの復帰登板を果たした笠原。相手はルーキーで既に7勝(!)している伊藤。前回9/1はしっかり抑えられている。

 

今日こそ笠原に勝ちを、と願いつつ開始から見守る。

「開幕戦より緊張した」という先週とは変わって、スイスイとストライクを取っていく。

…が、大山にタイムリー、先制を許す。

4回には一軍復帰のサトテルに早速のホームラン。

さすがに三点追加は重い、と沈んでいたらリクエストで覆った。スロー画像、黄色いポールの手前に一瞬ボールが重なって映る。

とはいえ、距離的には悠々届いているのが羨ましい。

 

前半のハイライトは周平が強烈なライナーを取って決めたダブルプレー。

打ったのはまたしても大山だ。

ピンチはあったが、前回よりはグッと落ち着きを取り戻した。

周平とグローブを合わせてベンチへ戻った。

 

6回の裏、笠原の代打に指名されたのは、伊藤康祐。

オリンピック明けの8/13に1軍登録されてからの打席は13、ヒットはなし。1軍にいるのに勿体ないと感じていた一人だ。その伊藤が、阪神の先発伊藤将司からツーベース!今季の初ヒット。京田のバントで3塁へ進み、堂上の33歳・バースデー犠牲フライで、伊藤康祐が同点のホームを踏んだ。

 

************

キリが良いので一旦見るのを中断し、空いている時間帯の公園を狙って外に出た。

試合が終わった頃に帰宅。夕飯と共に後半戦再開。

************

 

7回は田島が0を入れる。

8回は又吉。登板は今日で61。このままいくと、最も多かったルーキーイヤーの67登板を越えるだろう。谷繁監督時代は、出てくると嫌な予感しかしなかった。けれど、今や再びこんなに頼りにしているなんて。

 

阪神の打順は1番から。

堂上のエラーで近本が出塁する。1発で送りバントを決める中野。

糸原のゴロの間に近本は3塁へ。

前日タイムリーを打たれたマルテにフォアボール。

1-1の同点、2アウト1,3塁で迎えた大山が、粘る。

 

夫がリビングに入ってきた瞬間に失点した。

大山がセンターへの勝ち越しタイムリー。

「またかよ…俺は疫病神なのか?」

実際、こうして部屋に入ってきたタイミングで打たれたことが何度もあるのだ。

 

 

それにしても、1,2番がしっかりひっかきまわして、4番が打つ。

上位チームだから当たり前だよな。

阪神ベンチ、さっきまで思いつめた表情だった阪神の伊藤将司の笑顔が映る。

8勝目のチャンス。それにしても、ルーキーで既に7勝しているとは。

又吉は表情を変えない。今シーズンフル回転してきた又吉を責められない。

 

「こういう時、ママは必ず『いや、今シーズン初のサヨナラ勝ちが見られるかも』って言うよね。でも結局ない」と息子に指摘される。へこんだ気持ちを立て直そうとして、確かに毎回言っているかもしれない。

「じゃあ、今日は何にも言わないよ」

 

1-3の8回裏。2点を追いかける展開。
こうなると阪神はいつもの通り岩崎が出てくる。反撃は出来ず。

9回表は藤嶋。ここを抑えるのは絶対だ。
一軍復帰のサトテルを三振。ランナーを出し打順は1番に戻ったが、なんとか0に抑えた。
最後はもちろんスアレス。
笠原は試合を作ったし、伊藤も今シーズン初ヒットを打ったし。収穫はあったなと思い返す。

 

 

この回は京田から。

ライト線ギリギリへのヒット!2塁まで駆け抜けた。

「!」

ノーアウトのランナーが出た。

続く堂上の当たりも、ライト方向へ抜けていく。

そして、今日ヒットのない大島のタイムリーで1点追加。

ビシエドの強い打球を中野が掴み、2塁に投げアウト。必死に走るビシエド。一塁はセーフ。

 

ネクストにいたのは、代打福留だ。

先週の甲子園でも願った福留の。

 

ランナー1-3塁。レフトスタンドの方向へ、打球は飛んで行った!

ここぞ!の場面で決める福留は流石だ。でも、まさかフェンスの、隙間に挟まるなんて。

 

普通に考えたらあの当たりはサヨナラだ。感極まりかけた。東海ラジオの森さんのツイートによると、挟まるのは練習でも年に一度程度だそう。

 

結果はエンタイトル2ベース。塁上福留のガッツポーズに色んな意味で泣きそうになる。

周平を申告敬遠し1アウト満塁でキノタクにまわる。

 

何も言わずに見つめていた。

初球を勢いよく空振り。

2球目がバットに当たり3塁方向に転がる。懸命に一塁にヘッドスライディングするキノタク。

 

試合はホームゲッツーで終わった。

 

…思った。あれだけはないようにって。

何も言わなくても、誰がどのタイミングで部屋に入ってきても、そんなものに左右されるわけないのに。

 

一塁ベースに突っ伏したキノタク。

サヨナラ勝ちは、今日も見ることが出来なかった。

 

****************

お腹一杯の試合でした。

https://nf3.sakura.ne.jp/Stats/Standing.htm

 

**************

朝起きるとグーグルカレンダーが「バンテリン」の予定。最初観戦の予定をたててたんだよなぁ。せっかくなら関東では見られないカードが良い、とすると阪神戦か広島戦。

現地だったら、と思わないでもないけれど ボール一個分 みたいな場面が多かったこの日はもしかしたら中継の方がよく分かったかもしれない。