ドラゴンズファン九年生

●野球に無縁→パートナーの影響でいつの間にかドラゴンズファンへ…東京からドラゴンズな日々を綴ります

松井雅人、今シーズン初試合で反撃の狼煙…と思いきや。

木下(ケガ)と入れ替えで上がってきた松井雅人です。さすがに、今年は控えに徹して加藤というのは分かります。

ただ、呼びっぱなしにはしないだろう…ということで使われどころを待っていました。

 

代打からの!ですか。

よく打った。必死よね。二打席目のフォアボールは相手の自滅と思えなくもないけれど。

与田監督…采配ズバリすぎるとまた思った。

 

博志をリードする場面では…博志がなんともコントロール悪くて立ち直らせられなかったのは残念。まぁ、昨日の状態では誰でも難しそうだけど。

さすがの私でも「外ばっかだね…」とは思う。あと、やっぱりボールを返すのが遅いよね。加藤や大野を見慣れるとそう感じる。

まあ、今やほんとギリギリの存在だと思うので頑張ってほしい。ここへ来ても呼ばれない桂杉山は今どうしているのだろう、、、。

 

加藤がしっかり頑張ってるのを見ると、今までの森さんとかは…本当に教える余裕なかったんだと思う。なんつーか。だから、松井雅人は長いドラゴンズの歴史の中ではつなぎのキャッチャー(の、ひとり)になるんだろうけど、歴史の上では誰一人欠けてはいけなかったわけで。って、今から始まるからどうなるか判らないけどね。

 

さすがに、松井雅人を応援してきたとはいえ今年は加藤の未来に期待したいと思う。でも、くさらずプレーする姿を見せてくれよ!

 

今日は吉見。

勝ち越したい。