ドラゴンズファン九年生

●野球に無縁→パートナーの影響でいつの間にかドラゴンズファンへ…東京からドラゴンズな日々を綴ります

和製大砲への希望、福田。

阪神との星野さん追悼試合。2-2の同点で昨日期待したような締まった試合。

 

経過を見て福田の打点と京田のスーパープレーが見たかったので早送りしつつ見ました。ビシエドの離脱という理由なしに福田の四番が見たいですね。ホームランは入るのか?と思いましたが低めの弾道で飛び込んで。

 

なかなか幼子2人いるとリアルタイム中継では見られませんが、この試合リアルで追っていたら痺れただろうな…!

 

笠原はローテ入りしてくるかな。点数的にはこれくらいにまとめてくれたら役割を果たしてるだろう。

 

しかし、思った以上に背番号で選手を認識しているんだなぁと思った試合。背格好やフォームもある程度判るけどパッとみて背番号で20だと誰??となってしまいました。

偉大な番号を両チームが背負った心意気を出せた試合。試合前のVTRも楽天戦との時とは違った阪神寄りのシーンに溢れており、当時を知らない私にはなるほどなぁ…と星野さんの凄さの一端を垣間見ていた次第です。

 

ふと、谷繁って、ああいうパフォーマンス、熱い求心力のある言葉(星野さんが用意してるのか、自然にトークが出てくるのはかわからないけれど)無かったな、と。つくづくカリスマ性ある監督では無かったな、監督向きじゃ無かったのに大変だっただろうな、なんて事を考えてしまった。

 

東京のお別れの会は19日とのことです。

www.hochi.co.jp

 

 

今のドラゴンズの歴史の中に確実にある星野さんの熱い姿勢。後追いではありますが忘れないでいたいです。