ドラゴンズファン六年生

●野球に無縁→パートナーの影響でいつの間にかドラゴンズファンへ… 危うい知識と素人目線でドラゴンズな日々を綴ります。

新年。

新年明けましてしばらく経ちましたが本年初のブログです。オフは更新が滞っておりますが本年もよろしくお願いいたします。

 

おめでとうございますと言葉を記しづらいのは星野さんのことがあるから。

私など知ることは全て後追いでリアルタイムの闘将のことは知らないのですが…

ニュースや新聞を目にする度に偉大さを思い知りました。

 

旦那さんは星野監督時代に中日ファンとなった人で、その落胆ぶりは当然ですが大きいです。ニュースを目にして涙している姿もありました。
f:id:rno670:20180110101141j:image

99.9.30神宮にて優勝、と持ち手に書き入れてある応援バット。たまたま観戦していたその日だったという記念の品。

 

想像で話す自分と、実感を込めて話す旦那さんとではありますが共通して思ったのは

 

「今、こんな人いるか?」

と、いうこと。

 

時代と言ってしまえばそれまでだけど。

厳しさの裏に愛がある。こうして文章にしてしまうとサラッとしてしまいますがそれをブレずに体現し続けるのって難しいこと。

 

こんな何も知らない私ですが、ご冥福をお祈りいたします。

 

今ドラゴンズファンでいられることは歴代の監督、選手、スタッフ、あらゆる歴史の上でのこと。ファンになった時代の監督というと、私にとっては守道になるわけなんだけど…中スポ紙面でコメントを寄せているのを見てちょっと安心した次第です。

 

しんみりしましたが。

このことを書かずに他の事への筆は進められなかったです。

 

次回は明るく!