ドラゴンズファン五年生

野球に無縁→パートナーの影響でいつの間にかドラゴンズファンへ… 危うい知識と素人目線でドラゴンズな日々を綴ります。

父の日、柳の初勝利という物語の始まり。/ 逸らすな、松井雅。

4対3、柳の初勝利。

交流戦最終日、出来すぎでしょ。
f:id:rno670:20170619175216j:image

記念につい買っちゃいました。
 

当の本人は涙こそ流さないけれど、ドラフト特番から見ていたファン(で、男の子の親)としてはウルッとせずにはいられない。なんて。必要以上に感情的にもなるシチュエーション。

 

工藤と亀沢の集中力に感動しました。

あと、森野も(スタメンか…)って思ってゴメン。でも、これっきりじゃ困ります。

 

とにかく、点をとられてもズルズルいかないのが良かった。正直、ワイルドピッチでの一点は松井雅にとってほしかったけれど…。

 

最近、連続で大切な局面で逸らしているので記録には残らないにしても、もう一段階ギアを上げて欲しい。森繁は前日の監督インタビューで「キャッチャーの完投(って表現だったかうろ覚え)は暫くはウチはない」って言ってたのに最後まで守らせた。責任持てよってこと?勝ったから良いけど、負けたらあの一球、さらに責められてただろうね。

 

旦那さんの解説と共にリードを追っていたんだけど、キャッチャーってやっぱり奥が深い。野球ボキャブラリーが足りないので上手く表現しづらいんですが。あれは何を考えてるのか?考えた上での裏の裏なのか?とか、そもそもそんなにキャッチャー主導である必要あるの?とか三球勝負好きなキャッチャーとかいないの?とか色々疑問が。追求し出すとキリないですね。

 

柳の話に戻ります。

ヒーローインタビューも落ち着いていて。イケメンベスト5についてのコメントもちゃんとまとめるあたりしっかりしてるわ笑。そんなにはウケはしなかったけど。

 

金曜日まで野球ありませんが、余韻に浸りながら夏本番に向けて期待したいと思います。

 

最後に改めて柳、おめでとう!